総合解体業 有限会社 貢 献
TEL.046-879-1727
施工例

[059]横須賀市

2022.03/鉄骨造3階建・陸屋根 42.4坪(140.0㎡)/約40日
交通量が多い割に道路幅の狭い場所にある一戸建ての解体です。そのためダンプの路上駐車もままならず、しばらくは1階の空きスペースにダンプ2台を入れての作業となりました。
また、電線が2階部分に迫っているため重機が使えず3階・2階は手壊しでの解体になりました。頑丈な作りの建物で鉄骨柱や鉄骨梁はバナーで切断。縦長の敷地で狭いスペースのため重機が思うように活躍できず、思わぬ時間が…。

[1]鉄骨造3階建の解体

[2]屋上

[3]解体前の室内

[4]足場を組み、防音パネルを設置

[5]室内の解体開始。分別処理のため天井や壁材などは剥がしておく

[6]3階。コンクリートの壁と床を残して、室内の解体は終了

[7]2階

[8]1階

[9]屋上の防水シートを電動ハンマーを使いコンクリートから剥がす

[10]下準備の段階で各階の床に開口(廃材を下まで落とす穴)を作る

[11]電動ハンマードリルを使い屋上の床を解体

[12]3階の様子

[13]鉄骨が撤去された屋上との様子

[14]3階の様子

[15]3階の壁をハンマードリルで解体。鉄骨梁をバーナーで焼き切る

[16]3階壁の斫り終了。次は鉄骨柱と梁の撤去

[17]鉄骨柱の撤去

[18]3階床の撤去は終了。続いて2階(3階床部分)の梁の撤去

[19]写真は2階の解体。2階(3階床部分)の梁は撮影出来ずに残念!!!

[20]鉄骨柱のみ残した2階の様子

[21]2階床部分と1階壁を撤去。パネルに囲まれてはいるが、ようやく青空が見えるように…!!

[22]外観。パネルも1階部分を残して撤去したのでスッキリ!!!

[23]電線に注意をしつつ、重機SK75SRDを投入!!!

[24]鉄骨柱は重機のカッターではなくバナーで焼き切る

[25]奥のパネルを撤去。用水路の上に立つ物置小屋が姿を表す

[26]物置小屋を撤去

[27]用水路を汚さないよう、養生シートや板を敷きながら作業

[28]最後のコンクリート撤去

[29]基礎の解体撤去。狭いスペースでの作業は結構大変!!!

[22]整地をして侵入禁止の杭打ち・境界線ロープを張り解体工事完了。完了後の全景