総合解体業 有限会社 貢 献
TEL.046-879-1727
施工例

[056-01]横須賀市

2021.11/木造サイディング2階建スレート葺 26.0坪(85.8㎡)/約20日間
閑静な住宅地にある一戸建ての解体です。道路に面したRC擁壁とコンクリートブロック・フェンスを含めた高さは3m強。
そのため最初はフェンスを壊して搬入スペースを確保し、小型重機のSK30SR-5を搬入。次はブロックとRC擁壁を解体しSK75SRDと入れ替えました。詳しくは掲載の写真をご覧ください。重機2種類の搬入方法の違い等をじっくりお見せします。



[1]木造サイディングスレート葺2階建ての解体

[2]解体前の内部

[3]フェンスの一部を壊し作業工具を搬入

[4]安全帯を着用し足場を組む

[5]建物の周りを防音シートで覆う

[6]室内の解体開始。天井・壁材等は分別処理のため剥がしておく

[7]アスベスト含有建材の屋根スレートを法令に基づき慎重に除去

[8]同じくアスベスト含有建材の外壁サイディングを法令に基づき除去

[9]小型重機のSK30SR-5(油圧ショベル)を積んだ運搬車が到着

[10]電線の上まで重機を引き上げ搬入。あらかじめフェンスは取り除きスペースを確保

[11]解体開始。機械の不具合でグラスパーが使えず、スケルトンバケットで代用

[12]アタッチメントをグラスパーに替える

[13]建物手前の床材と基礎撤去

[14]コンクリートブロックが道路側に倒れないよう、あらかじめ掘削しておく

[15]階段周りのRC擁壁を解体

[16]道路から見るとこんな感じの進み具合です

[17]アタッチメントをクラッシャー(大割)に替え、RC擁壁を破砕

[18]丸鋸を使い鉄筋をカット。RC擁壁は頑丈で壊すのが大変!!

[19]これで次の重機SK75SRDの搬入準備OK!