総合解体業 有限会社 貢 献
TEL.046-879-1727
施工例

[039-03]横浜市

2019.04-08/鉄筋コンクリート(RC)造4階建+塔屋共同住宅・1階店舗(延床面積 1151.90㎡)/約4ヶ月
第3章の後半は、1・2階の解体と瓦礫の搬出(分別作業も同時に行う)から始まります。その後、基礎や貯水槽・浄化槽の解体、最後に整地をして解体工事完了です。どうぞ最後までご覧ください。

[29]2階の壁を撤去し、防音パネルも順に取り外す。周りの家並みが見えてきた

[30](左)スケルトンバケット使用のSK135SRD(右)カッター使用のSK235SRD

[31]鉄筋とコンクリートの分別完了後、大型ダンプでコンクリートを搬出

[32]残った2階と1階の解体を再開。鉄筋・アルミ枠等を分別

[33]建物の解体はほぼ終了し、基礎部分の解体を始める

[34]足場の撤去

[35]クラッシャーを大割機から小割機に変更

[36]クラッシャー(小割機)を使いコンクリートと鉄筋を分別

[37]スケルトンバケット(左)を使い土砂中の瓦礫の選別を行う

[38]地中の既存杭(コンクリート杭)を2m超の深さでカット

[39]深さを計測した後、埋め戻し

[40]埋め戻した場所は軟弱のため、重機が沈まないように電磁石付きの小割機を使い鉄板を敷く

[41]公道側の通路・階段部分の解体撤去

[42]最後に残った、建物に向って左側部分の解体

[43]整地をして解体工事完了